スタート画面をスキップする

Windows8では出来ないがWindows8.1で可能になったサインイン後のスタート画面のを省略してデスクトップ画面を表示する。

  1. タスクバーの何も無い処を右クリックして、プロパティを選択
    タスクバーのプロパティを開く
  2. タスクバーとナビゲーションのプロパティが開いたら
    【ナビゲーション】タブ(Windows8にはこのタブが無い)のスタート画面グループの一番上の【サインイン時または画面上のすべての・・・】にチェックをつける
    プロパティ設定画面
  3. 【OK】を選択してプロパティ画面が閉じます

以上で完了。

サインインすると【スタート画面】をスキップして【デスクトップ画面】が表示されます。

サインイン時のパスワード入力をスキップする方法と併せて使うとWindows 7  / XP のように電源を入れるとデスクトップ画面が表示されるようになります。

サインイン時のパスワード入力をスキップする

自宅で使用しているWindows8系のサインイン時のパスワード入力は結構面倒臭いのでこれを省略する。

  1. 【スタート画面】から【コマンドプロンプト】を右クリックして、【管理者権限で実行する】を選択する。
  2. コマンドプロンプトの画面が開いたら
    「control userpasswords2」と入力する
    コマンドプロンプト画面
  3. ユーザーアカウント画面が開くので、
    【ユーザーがこのコンピュータを・・・】のチェックを外す
    ユーザアカウント画面
  4. 【OK】をクリックすると、
    自動サインイン画面が開くので、設定時に入力したパスワードを入力する
    自動サインイン画面以上で完了。
    パスワードを入力しないと忘れてしまうので、OS媒体や回復デバイスにパスワードを保存しておこう。
    併せてスタート画面をスキップさせてデスクトップを表示させれば、Windows 7 / XP と変わらない?

遠隔でPCを操作して貰う。リモートアシスタンス

Widows8で操作に迷ってる人からヘルプを頼まれた時、遠隔操作のプログラム等インストールされていなくてもWindows標準の遠隔操作プログラムで対応する。

今回はWindows8で遠隔操作される側の場合。

  • 【Windows リモート アシスタンス】 を開くには、画面の右端から 【検索】 をタップ又はクリックし、検索ボックスに【msra】と入力し、【msra.exe】をタップまたはクリックします。
    「msra」を検索
  • 【信頼するヘルパーを招待します】 をタップまたはクリックします。
    【信頼するヘルパーを招待します】 をクリックします
  • 【電子メールを使用して招待を送信する】をタップまたはクリックします。
    【電子メールを使用して招待を送信する】をクリックします。
  • 自動でメールが作成されるので、ヘルパーのメールアドレスを入力して送信します。
  • ヘルパーがメールを受信すると、
    ヘルパーから「パスワードを教えて」と言われるので、パスワードを伝えます。
    パスワードを伝えます
  • ヘルパーがパスワードを入力して接続状態になると、
    【接続確認画面】が表示されるので、【はい】を選択して接続を許可します。
    接続の許可
  • ヘルパーと接続されましたが、
    【共有の停止】の文字が薄くなっていれば、ヘルパーはあなたのデスクトップを閲覧できますが操作する事はできません。
    【共有の停止】文字が薄い
  • ヘルパーがあなたのPCを遠隔操作するために【制御の要求】をします。
    ヘルパーの制御要求画面
  • ヘルパーが生業要求すると、
    【制御の共有許可画面】が表示されるので【はい】をタップまたはクリックします。
    何度も助けてもらうなら【ユーザーアカウント制御・・・】にチェックしておきます。
    制御の共有許可画面
  • デスクトップの共有を許可するとヘルパーはあなたのPCを遠隔操作できるようなります。
    この時【共有の停止】ボタンの文字が表示されます。
    見られたくないファイルやフォルダを操作される場合はこのボタンをタップまたはクリックするとヘルパーは操作できなくなります。
    image8

遠隔操作が終了したら画面を閉じます。

※忘備録的に投稿したのと、同一ネットワーク上で操作しているので若干の違いがある場合がありますので、個人の責任の範囲で実行して下さい。

自分のPCの詳細が簡単に解るフリーソフト

他の人に聞かれても、使ってるPCの詳細が解からない人やケースを開けて詳細を確認するのが面倒な人に便利なフリーソフトがある。

「私のパソコン遅いんだけど、何とかならないかな?」なんてパソコンに詳しい人に聞くと、良く聞かれるのが、

  • OSは何?
  • 32bit?64bit?
  • メモリはどれだけ入ってるの?
  • ハードディスクの容量は?
  • グラフィックボード使ってる?

ある程度パソコンに詳しい人なら自分の使ってるパソコンのスペックを答えられると思う。
しかし、ふと立ち寄ったPCショップにメモリが安売りしてたら・・・
「あれっ?PC3-10600だった?PC3-12800だった?」帰ってケース開けるのも面倒だし・・・
なんて、ありませんか?

パソコンに詳しい人にも便利で、詳しくない人には相談相手に自分のパソコン状態を正確に伝えられる便利なフリーソフトを試してみませんか?

「Speccy」(Piriform) http://www.piriform.com/speccy
インストールの方法は後半部分に記載してあります。

デスクトップのショートカットアイコンかスタートメニューから「Speccy」を起動
ショートカットアイコン起動すると情報収集が始まります。
情報収集開始情報収集が完了するとパソコンの要約が表示されます。
要約が表示される例えば、メモリの情報を見るには、左側の「メモリ」をクリックすると、左側に詳細が表示されます。
メモリの詳細例1右側のスロットをクリックすると、メモリのタイプなど更に詳細な情報が表示されます。
メモリの詳細例2パソコンに詳しくない人はこの情報を相談者に伝えれば正確なアドバイスが受けられます。
詳しい人如何です?ケース開けてメモリ外さなくても詳細が解るんです。
スクリーンショットを撮ったり、クラウドに保存したりも出来るようです。

インストールの方法は
「Speccy」(Piriform)のオフィシャルサイトから http://www.piriform.com/speccy
「Download」をクリック
「Speccy」(Piriform)サイト有料版と無償版のページに進むので「Free」の欄のどちらかをクリック
Free版を選択ダウンロードが開始されます。IEの場合は「実行」と「保存」のアテンションが出る場合があるので「実行」を。ダウンロードした人は、ファイルをダブルクリックしてインストールを開始します。
英語のインストーラ英語のインストーラーが開きますが、「日本語」を選択します。
日本語のインストーラに換わる「日本語」のウィザードに換わりますので「次へ」
確認画面Windows8を使ってる人は「デスクトップに・・」のチェックを外さない方が面倒臭くない。
ツールバーなどのアドオンのオプション確認アドオンのツールバーオプションが必要なければ、チェックを外します。
完了確認直ぐに実行する場合は「Speccy  v1.25を実行する」だけチェックしておく。

以上です。

新テーマTwenty Thirteenがリリース

WordPress3.6にバージョンアップしたら新しいテーマのTwentyThirteenが利用できる様になった。

早速インストールしてみたら、色々な改良点があるようだ。
ヘッダー画像のサイズも違うし、ページ見出しのフォントサイズも違う。

のんびりカスタマイズをして行くとしよう。

まだウィルス対抗ソフトに費用を掛けていますか?

Microsoftが無料のセキュリティソフト「Microsoft Security Essentials」をリリースしたのは何時だったか忘れてしまいましたが、随分前から利用しています。
http://www.microsoft.com/ja-jp/security/pc-security/mse.aspx

Windows XP (sp3) / Vista / Windows 7 で利用でき、無償でダウンロードできます。

Windows 8 には使えないの?と思われますが、Windows 8 / Windows RT にはセキュリティソフトの「Windows Defender」というソフトが標準装備され、同様の機能を担っています。

「Microsoft  Security Essentials」をインストールしたホーム画面はこんな感じ
Security Essentialsのホーム画面Windows8で標準装備された「Windows Defender」のホーム画面とソックリ。
Windows Defenderのホーム画面今迄のセキュリティソフトの更新時期が迫って来た方、セキュリティ対策に費用を掛けたくない方など、ぜひ試してみて下さい。

ライフハッカー[日本版]にもこんな記事が掲載されていました。
「 Windowsセキュリティに投資するのは古い!? Microsoftのセキュリティーツールで十分かも。」
http://www.lifehacker.jp/2009/11/091122windowsmicrosoft.html

Androidスマホの通知をパソコンに表示する

パソコンで作業中にスマホの通知音が鳴り、パソコンの作業を中断してスマホを手に取り通知を確認する事ありませんか?
重要なメールや電話以外はスマホを手にすることなく内容を確認したい。
そんな便利な無料のスマホアプリが「Desktop Notifications」
Desktop Notificationsのブラウザ画面

パソコン側はブラウザの「Chrome」がインストールされていればOK。

設定方法その他はこちらから
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/special/20130801/1100104/?P=1

簡単換装なHDDケース

300MB程度の容量のSATAの内臓用HDDが3本4本と余ってきた。
HDDケースも持ってはいるが換装が面倒臭い。

タワー型の複数装着型のケースも考えたが、頻繁に利用するHDDでは無いのでジャマ臭いのでもっと手軽に使えるケースを物色してたら見つけました。
2.5インチも3.5インチも接続可能なHDDケース。
image

装着口もクローズできるのでホコリ対策もOK!
3.5インチのHDDの26mmや薄型の20mmもOK!

SATA用なので開口部のシャーターを空けて上から挿し込むだけ!の簡単装着。
PCとの接続はUSB2.0/1.1と3.0対応では無いが使用頻度を考えれば問題なし。

DVD制作時の編集前のAVIファイルの動画などを保管しておくのには最適だと思う。

早速装着してみたが実に簡単に認識しました。

余ったHDDの有効活用が出来そうです。

メーカサイト:玄人志向
http://kuroutoshikou.com/modules/display/?iid=1621

スマホとパソコンでメモを共有するツール

「Google Keep」が公開された。Android4.0.3(Ice Cream Sandwich)以降とWebブラウザで利用出来るメモツール。

gooogle keepのブラウザ画面

 

Google DriveのGoogleアカウントでログインした状態で、https://drive.google.com/keep/にアクセスするだけで特別なソフトのインストールは不要。
(ログインしていなければ、ログイン画面が表示されます)

Android端末側はアプリをインストールする。
Google Keepスマホ画面Androidとパソコンのメモが同期されている。

メモは色付けで区別できるし、写真もGoogle Keepからカメラを起動出来る。
文字数によって文字サイズが変更されるようだ。
各メモをタップするとそのメモだけが全画面表示となる。
試していないが、音声のメモも可能で音声と同時にテキストでの保存も自動で処理してくれるらしい。
通常のメモとは別にToDoリストも作成出来る。(ブラウザ側の画面)
ToDoリスト完了ToDoリストの完了は、字消し線で表示させることも出来る。(ブラウザ側の画面)
ToDoリスト完了のブラウザデスクトップに付箋ソフトを使ったり、付箋を使うより出掛けた際にもスマホで確認出来るのが嬉しいかな。

データはGoogle Driveに保存されるらしいが、Google Driveのファイルには見当たらなかった。

Chromeの新しいタブのアプリケーションに表示させたかったが、Chrome Web Storeには該当がなかった。

残念ながらiPhoneなどiOSではアプリが無いようだ。

あらゆる端末に対応するWeb手法

PC、スマホ、タブレットに対応するサイトは増えてきた。
今迄はPC用、スマホ用などに個別でページを作るのが主流だった。

端末毎に異なる表示サイズを考慮しつつ複数の類似したページを作ることに多大な労力が掛かった。

単一のHTMLで作れたら制作時は大変でも後が楽なのに・・・
と思っていたら「レスポンシブWebデザイン」という手法でワンソース・マルチデバイスを実現できるそうだ。

WordPressでは、プラグインを利用してスマホ用のページを自動変換して貰えたが、プラグインを追加するだけの手軽さだったが制限も多かった。

色々調べてみると先駆者たちが頑張ってくれていたので参考にしてみることを開始しました。
スマホで表示したサンプル

ナビメニューはテキストなので幅の差によって折り返しされるが、スマホで表示するとこんな感じで表示されています。

PCのブラウザでの表示

PCのブラウザでは右側のサイドバーも表示されているが、ブラウザの幅を縮小していくと本文の下に回り込んで表示される。

右側のサイドバーが本文の下に表示

これならばブラウザの横幅で表現は変わるが概ねどんな端末で見ても同じようになる。

プラグインでは表示されなかった「カスタム投稿」ページや「外部」としてメニューに配置したリンクも表示された。

もう少し色々と試したり研究が必要そうだがWordpressの機能が全て反映してくれるといいな。

(このテスト段階では疑似サーバで実行しているのでスマホの画像がスクリーンショットではありません。)

パソコン使用上のあんな事やこんな事の解決のお手伝いになれば・・・