カテゴリー別アーカイブ: Windows8

スタート画面をスキップする

Windows8では出来ないがWindows8.1で可能になったサインイン後のスタート画面のを省略してデスクトップ画面を表示する。

  1. タスクバーの何も無い処を右クリックして、プロパティを選択
    タスクバーのプロパティを開く
  2. タスクバーとナビゲーションのプロパティが開いたら
    【ナビゲーション】タブ(Windows8にはこのタブが無い)のスタート画面グループの一番上の【サインイン時または画面上のすべての・・・】にチェックをつける
    プロパティ設定画面
  3. 【OK】を選択してプロパティ画面が閉じます

以上で完了。

サインインすると【スタート画面】をスキップして【デスクトップ画面】が表示されます。

サインイン時のパスワード入力をスキップする方法と併せて使うとWindows 7  / XP のように電源を入れるとデスクトップ画面が表示されるようになります。

サインイン時のパスワード入力をスキップする

自宅で使用しているWindows8系のサインイン時のパスワード入力は結構面倒臭いのでこれを省略する。

  1. 【スタート画面】から【コマンドプロンプト】を右クリックして、【管理者権限で実行する】を選択する。
  2. コマンドプロンプトの画面が開いたら
    「control userpasswords2」と入力する
    コマンドプロンプト画面
  3. ユーザーアカウント画面が開くので、
    【ユーザーがこのコンピュータを・・・】のチェックを外す
    ユーザアカウント画面
  4. 【OK】をクリックすると、
    自動サインイン画面が開くので、設定時に入力したパスワードを入力する
    自動サインイン画面以上で完了。
    パスワードを入力しないと忘れてしまうので、OS媒体や回復デバイスにパスワードを保存しておこう。
    併せてスタート画面をスキップさせてデスクトップを表示させれば、Windows 7 / XP と変わらない?

遠隔でPCを操作して貰う。リモートアシスタンス

Widows8で操作に迷ってる人からヘルプを頼まれた時、遠隔操作のプログラム等インストールされていなくてもWindows標準の遠隔操作プログラムで対応する。

今回はWindows8で遠隔操作される側の場合。

  • 【Windows リモート アシスタンス】 を開くには、画面の右端から 【検索】 をタップ又はクリックし、検索ボックスに【msra】と入力し、【msra.exe】をタップまたはクリックします。
    「msra」を検索
  • 【信頼するヘルパーを招待します】 をタップまたはクリックします。
    【信頼するヘルパーを招待します】 をクリックします
  • 【電子メールを使用して招待を送信する】をタップまたはクリックします。
    【電子メールを使用して招待を送信する】をクリックします。
  • 自動でメールが作成されるので、ヘルパーのメールアドレスを入力して送信します。
  • ヘルパーがメールを受信すると、
    ヘルパーから「パスワードを教えて」と言われるので、パスワードを伝えます。
    パスワードを伝えます
  • ヘルパーがパスワードを入力して接続状態になると、
    【接続確認画面】が表示されるので、【はい】を選択して接続を許可します。
    接続の許可
  • ヘルパーと接続されましたが、
    【共有の停止】の文字が薄くなっていれば、ヘルパーはあなたのデスクトップを閲覧できますが操作する事はできません。
    【共有の停止】文字が薄い
  • ヘルパーがあなたのPCを遠隔操作するために【制御の要求】をします。
    ヘルパーの制御要求画面
  • ヘルパーが生業要求すると、
    【制御の共有許可画面】が表示されるので【はい】をタップまたはクリックします。
    何度も助けてもらうなら【ユーザーアカウント制御・・・】にチェックしておきます。
    制御の共有許可画面
  • デスクトップの共有を許可するとヘルパーはあなたのPCを遠隔操作できるようなります。
    この時【共有の停止】ボタンの文字が表示されます。
    見られたくないファイルやフォルダを操作される場合はこのボタンをタップまたはクリックするとヘルパーは操作できなくなります。
    image8

遠隔操作が終了したら画面を閉じます。

※忘備録的に投稿したのと、同一ネットワーク上で操作しているので若干の違いがある場合がありますので、個人の責任の範囲で実行して下さい。

Windows8で無くなってしまったスタートメニュを再現する

Windows8の新しいスタートページで表示順序を変更しても以前から慣れ親しんだ【スタートメニュー】が有れば目的のプログラムに直ぐに辿りつける。
標準では無いので、工夫して代替を作成してみた。

先ず、以前スタートメニューが入っていた【スタートメニュー】フォルダを探してみると
C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu
が存在している。(隠しファイルなのでフォルダオプションで隠しファイルを表示出来るようにしておく。エクスプローラのリボンの表示タブでも隠しファイルにチェックを入れると表示される)

1.この【スタートメニュ】の直下の【プログラム】フォルダを右クリックして
【送る】から【デスクトップ(ショートカットを作成)】を選択。
【送る】から【デスクトップ(ショートカットを作成)】画面

2.次にデスクトップ何も表示されてない所を右クリックして、【新規作成】から【フォルダー】を選択。
デスクトップに【新しいフォルダ】が出来たら、フォルダアイコンを右クリックして【名前の変更】を選択して【スタート(任意の名前)】 に変更する。

デスクトップに新規フォルダを作る

3.今作成した【スタート】フォルダに「1.」作成した【プログラム】のショートカットを移動する。

4.タスクバーの何もない所を右クリックして【ツールバー】から【デスクトップ】を選択する。
タスクバーにデスクトップを表jさせる図

5.【タスクバー】に【デスクトップ】ボタンが表示される。
タスクバーに表示されたデスクトップボタン

6.出来た【デスクトップボタン】の【>>】をクリックすると、デスクトップの一覧の中に【スタート】フォルダがありこのフォルダにマウスを重ねると【スタート】フォルダの中身が表示される。
この【スタート】フォルダに良くしようするアプリのショートカットを保存しておけば簡単にアクセス出来る。
【プログラム -ショートカット-】フォルダ をクリックすればプログラムフォルダが開く。
スタートボタンの完成図【スタート】フォルダや【プログラム -ショートカット-】フォルダの名前の付け方を工夫すれば任意の順序で表示できる。
表示順序を変えた