カテゴリー別アーカイブ: Windowsの基本

自分のPCの詳細が簡単に解るフリーソフト

他の人に聞かれても、使ってるPCの詳細が解からない人やケースを開けて詳細を確認するのが面倒な人に便利なフリーソフトがある。

「私のパソコン遅いんだけど、何とかならないかな?」なんてパソコンに詳しい人に聞くと、良く聞かれるのが、

  • OSは何?
  • 32bit?64bit?
  • メモリはどれだけ入ってるの?
  • ハードディスクの容量は?
  • グラフィックボード使ってる?

ある程度パソコンに詳しい人なら自分の使ってるパソコンのスペックを答えられると思う。
しかし、ふと立ち寄ったPCショップにメモリが安売りしてたら・・・
「あれっ?PC3-10600だった?PC3-12800だった?」帰ってケース開けるのも面倒だし・・・
なんて、ありませんか?

パソコンに詳しい人にも便利で、詳しくない人には相談相手に自分のパソコン状態を正確に伝えられる便利なフリーソフトを試してみませんか?

「Speccy」(Piriform) http://www.piriform.com/speccy
インストールの方法は後半部分に記載してあります。

デスクトップのショートカットアイコンかスタートメニューから「Speccy」を起動
ショートカットアイコン起動すると情報収集が始まります。
情報収集開始情報収集が完了するとパソコンの要約が表示されます。
要約が表示される例えば、メモリの情報を見るには、左側の「メモリ」をクリックすると、左側に詳細が表示されます。
メモリの詳細例1右側のスロットをクリックすると、メモリのタイプなど更に詳細な情報が表示されます。
メモリの詳細例2パソコンに詳しくない人はこの情報を相談者に伝えれば正確なアドバイスが受けられます。
詳しい人如何です?ケース開けてメモリ外さなくても詳細が解るんです。
スクリーンショットを撮ったり、クラウドに保存したりも出来るようです。

インストールの方法は
「Speccy」(Piriform)のオフィシャルサイトから http://www.piriform.com/speccy
「Download」をクリック
「Speccy」(Piriform)サイト有料版と無償版のページに進むので「Free」の欄のどちらかをクリック
Free版を選択ダウンロードが開始されます。IEの場合は「実行」と「保存」のアテンションが出る場合があるので「実行」を。ダウンロードした人は、ファイルをダブルクリックしてインストールを開始します。
英語のインストーラ英語のインストーラーが開きますが、「日本語」を選択します。
日本語のインストーラに換わる「日本語」のウィザードに換わりますので「次へ」
確認画面Windows8を使ってる人は「デスクトップに・・」のチェックを外さない方が面倒臭くない。
ツールバーなどのアドオンのオプション確認アドオンのツールバーオプションが必要なければ、チェックを外します。
完了確認直ぐに実行する場合は「Speccy  v1.25を実行する」だけチェックしておく。

以上です。

ブラウザを便利に使い分ける

最近のブログなどには、3列で横サイズが大きいものが増えてきた。
確かにモニタがワイド化されて不便無く見られそうだが、ネットブックなどは横のサイズが1024ピクセルで縦が600ピクセルの設定だと上下はもちろんのこと左右もスライダーバーを操作しないと見られないサイトが増えている。

そこで、こんな機能を利用してみては如何でしょうか?

【Google Chrome の場合】
URLを記憶してどのウィンドウでも直近に指定した拡大・縮小サイズで表示してくれる。

Google Chromeの拡大縮小指定ウィンドウ

50%にサイズを変更した画面

スパナアイコンをクリックして【拡大/縮小】の【-】【+】をクリックして表示サイズを変更する。
以降、このドメインを記憶してくれるので、次にサイズを変更するまで指定したサイズで表示してくれる。
再起動してもChromeが記憶しているので、指定したサイズで表示してくれる。

異なったURLを表示したばあいの拡大縮小ウィンドウ

サイズ変更していないYAHOOのトップページ

しかし、異なったURLの場合(そのURLでサイズ変更していない)は、

100%で表示してくれるので、ブックマークから選択しても、そのURLに最適なサイズで表示してくれる。 

IE9の表示サイズの変更ウィンドウ

IE9で表示サイズを50%に指定

 

【Internet Explorer の場合】
Chromeとは異なって、ウィンドウのタブ単位でのサイズの記憶と表示になる。

一度、【www.office-uz.com】 を50%で指定すると

IE9のサイズ変更ウィンドウ2

同じタブでYAHOOの表示サイズを確認

同じタブでYAHOOのトップページを表示すると、先程指定した50%の表示サイズで表示される。

IE9のサイズ変更ウィンドウ3

50%を100%に変更する

50%の指定を100%に変更して、同じタブで【office-uz.com】をURL欄に入力すると

IE9のサイズ変更ウィンドウ4

オフィスユージーも100%で表示

同じタブを利用しているので、100%で表示される。
タブ単位でサイズが固定されるので、タブ毎にサイズを変更しておくと

IE9のサイズ変更ウィンドウ5

タブ毎にサイズ指定を変えておくと

タブを100%用、75%用、50%用などとしておくとURLに関係なくタブ毎の指定サイズで使い分けることも出来る。

再起動すると、最後に指定したサイズで全てのタブが表示される。

ブラウザをひとつだけでなく、使い分けるとより便利に使えるでしょう。

 

拡張子を表示する/フォルダオプション


拡張子非表示

拡張子が見えていない状態

  • 【拡張子】が見えないと、何で作られたファイルやデータかの区別がつかないので、この設定にした方が望ましい。
  • 【拡張子】を表示するには、2つの方法がある。

コンピュータをクリック
【1.】「スタート」から
【2.】「コンピューター」を開く。
「コンピューター」のウィンドウ
ウィンドウが開いたら
【3.】「メニュー」を表示させるために、「Alt」キーを押す。
(WindowsXPなどでは表示されているものもある)
「メニュー」が表示されたら
【4.】「ツール」をクリックし
【5.】「フォルダーオプション」を選択します。

フォルダーオプションのウィンドウが開いたら
「表示」タブをクリックして
「登録された拡張子を表示しない」 のチェックボックスのチェックをはずします。

これで【拡張子】が見えるようになります。


もう一つの方法は

コントロールパネルを選択
【1.】「スタート」から
【2.】「コントロールパネル」を開く。

コントロールパネルが開いたら
【3.】「表示方法」が「カテゴリ」になっていたら
【4.】「小さいアイコン」にします。
(大きいアイコンでも構いません)

【5.】一覧の中から
「フォルダーオプション」を選択します。

フォルダーオプション?のウィンドウが開いたら「表示」タブをクリックして
「登録された拡張子を表示しない」 のチェックボックスのチェックをはずします。