カテゴリー別アーカイブ: ブラウザ

ブラウザのリンクを簡単に新しいタブで開く

ネットで調べ物をしている時に次々にブラウザを新規タブで開きたいと思うはずだ。
そんな時は、

  1. リンクを右クリックして
  2. 【新しいタブで開く】を選択していると思う

マウスで操作している時は然程感じないがネットブックPCなどのトラックパッドを利用していると右クリックが面倒だったりしませんか?

そんな時に便利なショートカットが有るんです。
それも超簡単な操作。

  1. 新規タブで開きたいリンクをドラッグして
  2. 新規タブに被せると
  3. リンク先が新しいタブで表示されます。


が、これではショートカットでは無いので・・・

新規タブで開きたいリンクを
【Ctrl】キーを押しながらクリックするとリンク先が新しいタブで表示されます。

ネットブックなどでは、【Ctrl】キーを押しながらパッドをタップするだけなので便利に使えます。

 イメージ図では、InternetExplorer を利用しましたが、GoogleChrome などでも利用できます

ブラウザを便利に使い分ける

最近のブログなどには、3列で横サイズが大きいものが増えてきた。
確かにモニタがワイド化されて不便無く見られそうだが、ネットブックなどは横のサイズが1024ピクセルで縦が600ピクセルの設定だと上下はもちろんのこと左右もスライダーバーを操作しないと見られないサイトが増えている。

そこで、こんな機能を利用してみては如何でしょうか?

【Google Chrome の場合】
URLを記憶してどのウィンドウでも直近に指定した拡大・縮小サイズで表示してくれる。

Google Chromeの拡大縮小指定ウィンドウ

50%にサイズを変更した画面

スパナアイコンをクリックして【拡大/縮小】の【-】【+】をクリックして表示サイズを変更する。
以降、このドメインを記憶してくれるので、次にサイズを変更するまで指定したサイズで表示してくれる。
再起動してもChromeが記憶しているので、指定したサイズで表示してくれる。

異なったURLを表示したばあいの拡大縮小ウィンドウ

サイズ変更していないYAHOOのトップページ

しかし、異なったURLの場合(そのURLでサイズ変更していない)は、

100%で表示してくれるので、ブックマークから選択しても、そのURLに最適なサイズで表示してくれる。 

IE9の表示サイズの変更ウィンドウ

IE9で表示サイズを50%に指定

 

【Internet Explorer の場合】
Chromeとは異なって、ウィンドウのタブ単位でのサイズの記憶と表示になる。

一度、【www.office-uz.com】 を50%で指定すると

IE9のサイズ変更ウィンドウ2

同じタブでYAHOOの表示サイズを確認

同じタブでYAHOOのトップページを表示すると、先程指定した50%の表示サイズで表示される。

IE9のサイズ変更ウィンドウ3

50%を100%に変更する

50%の指定を100%に変更して、同じタブで【office-uz.com】をURL欄に入力すると

IE9のサイズ変更ウィンドウ4

オフィスユージーも100%で表示

同じタブを利用しているので、100%で表示される。
タブ単位でサイズが固定されるので、タブ毎にサイズを変更しておくと

IE9のサイズ変更ウィンドウ5

タブ毎にサイズ指定を変えておくと

タブを100%用、75%用、50%用などとしておくとURLに関係なくタブ毎の指定サイズで使い分けることも出来る。

再起動すると、最後に指定したサイズで全てのタブが表示される。

ブラウザをひとつだけでなく、使い分けるとより便利に使えるでしょう。