カテゴリー別アーカイブ: どうやるの?

スタート画面をスキップする

Windows8では出来ないがWindows8.1で可能になったサインイン後のスタート画面のを省略してデスクトップ画面を表示する。

  1. タスクバーの何も無い処を右クリックして、プロパティを選択
    タスクバーのプロパティを開く
  2. タスクバーとナビゲーションのプロパティが開いたら
    【ナビゲーション】タブ(Windows8にはこのタブが無い)のスタート画面グループの一番上の【サインイン時または画面上のすべての・・・】にチェックをつける
    プロパティ設定画面
  3. 【OK】を選択してプロパティ画面が閉じます

以上で完了。

サインインすると【スタート画面】をスキップして【デスクトップ画面】が表示されます。

サインイン時のパスワード入力をスキップする方法と併せて使うとWindows 7  / XP のように電源を入れるとデスクトップ画面が表示されるようになります。

サインイン時のパスワード入力をスキップする

自宅で使用しているWindows8系のサインイン時のパスワード入力は結構面倒臭いのでこれを省略する。

  1. 【スタート画面】から【コマンドプロンプト】を右クリックして、【管理者権限で実行する】を選択する。
  2. コマンドプロンプトの画面が開いたら
    「control userpasswords2」と入力する
    コマンドプロンプト画面
  3. ユーザーアカウント画面が開くので、
    【ユーザーがこのコンピュータを・・・】のチェックを外す
    ユーザアカウント画面
  4. 【OK】をクリックすると、
    自動サインイン画面が開くので、設定時に入力したパスワードを入力する
    自動サインイン画面以上で完了。
    パスワードを入力しないと忘れてしまうので、OS媒体や回復デバイスにパスワードを保存しておこう。
    併せてスタート画面をスキップさせてデスクトップを表示させれば、Windows 7 / XP と変わらない?

遠隔でPCを操作して貰う。リモートアシスタンス

Widows8で操作に迷ってる人からヘルプを頼まれた時、遠隔操作のプログラム等インストールされていなくてもWindows標準の遠隔操作プログラムで対応する。

今回はWindows8で遠隔操作される側の場合。

  • 【Windows リモート アシスタンス】 を開くには、画面の右端から 【検索】 をタップ又はクリックし、検索ボックスに【msra】と入力し、【msra.exe】をタップまたはクリックします。
    「msra」を検索
  • 【信頼するヘルパーを招待します】 をタップまたはクリックします。
    【信頼するヘルパーを招待します】 をクリックします
  • 【電子メールを使用して招待を送信する】をタップまたはクリックします。
    【電子メールを使用して招待を送信する】をクリックします。
  • 自動でメールが作成されるので、ヘルパーのメールアドレスを入力して送信します。
  • ヘルパーがメールを受信すると、
    ヘルパーから「パスワードを教えて」と言われるので、パスワードを伝えます。
    パスワードを伝えます
  • ヘルパーがパスワードを入力して接続状態になると、
    【接続確認画面】が表示されるので、【はい】を選択して接続を許可します。
    接続の許可
  • ヘルパーと接続されましたが、
    【共有の停止】の文字が薄くなっていれば、ヘルパーはあなたのデスクトップを閲覧できますが操作する事はできません。
    【共有の停止】文字が薄い
  • ヘルパーがあなたのPCを遠隔操作するために【制御の要求】をします。
    ヘルパーの制御要求画面
  • ヘルパーが生業要求すると、
    【制御の共有許可画面】が表示されるので【はい】をタップまたはクリックします。
    何度も助けてもらうなら【ユーザーアカウント制御・・・】にチェックしておきます。
    制御の共有許可画面
  • デスクトップの共有を許可するとヘルパーはあなたのPCを遠隔操作できるようなります。
    この時【共有の停止】ボタンの文字が表示されます。
    見られたくないファイルやフォルダを操作される場合はこのボタンをタップまたはクリックするとヘルパーは操作できなくなります。
    image8

遠隔操作が終了したら画面を閉じます。

※忘備録的に投稿したのと、同一ネットワーク上で操作しているので若干の違いがある場合がありますので、個人の責任の範囲で実行して下さい。

自分のPCの詳細が簡単に解るフリーソフト

他の人に聞かれても、使ってるPCの詳細が解からない人やケースを開けて詳細を確認するのが面倒な人に便利なフリーソフトがある。

「私のパソコン遅いんだけど、何とかならないかな?」なんてパソコンに詳しい人に聞くと、良く聞かれるのが、

  • OSは何?
  • 32bit?64bit?
  • メモリはどれだけ入ってるの?
  • ハードディスクの容量は?
  • グラフィックボード使ってる?

ある程度パソコンに詳しい人なら自分の使ってるパソコンのスペックを答えられると思う。
しかし、ふと立ち寄ったPCショップにメモリが安売りしてたら・・・
「あれっ?PC3-10600だった?PC3-12800だった?」帰ってケース開けるのも面倒だし・・・
なんて、ありませんか?

パソコンに詳しい人にも便利で、詳しくない人には相談相手に自分のパソコン状態を正確に伝えられる便利なフリーソフトを試してみませんか?

「Speccy」(Piriform) http://www.piriform.com/speccy
インストールの方法は後半部分に記載してあります。

デスクトップのショートカットアイコンかスタートメニューから「Speccy」を起動
ショートカットアイコン起動すると情報収集が始まります。
情報収集開始情報収集が完了するとパソコンの要約が表示されます。
要約が表示される例えば、メモリの情報を見るには、左側の「メモリ」をクリックすると、左側に詳細が表示されます。
メモリの詳細例1右側のスロットをクリックすると、メモリのタイプなど更に詳細な情報が表示されます。
メモリの詳細例2パソコンに詳しくない人はこの情報を相談者に伝えれば正確なアドバイスが受けられます。
詳しい人如何です?ケース開けてメモリ外さなくても詳細が解るんです。
スクリーンショットを撮ったり、クラウドに保存したりも出来るようです。

インストールの方法は
「Speccy」(Piriform)のオフィシャルサイトから http://www.piriform.com/speccy
「Download」をクリック
「Speccy」(Piriform)サイト有料版と無償版のページに進むので「Free」の欄のどちらかをクリック
Free版を選択ダウンロードが開始されます。IEの場合は「実行」と「保存」のアテンションが出る場合があるので「実行」を。ダウンロードした人は、ファイルをダブルクリックしてインストールを開始します。
英語のインストーラ英語のインストーラーが開きますが、「日本語」を選択します。
日本語のインストーラに換わる「日本語」のウィザードに換わりますので「次へ」
確認画面Windows8を使ってる人は「デスクトップに・・」のチェックを外さない方が面倒臭くない。
ツールバーなどのアドオンのオプション確認アドオンのツールバーオプションが必要なければ、チェックを外します。
完了確認直ぐに実行する場合は「Speccy  v1.25を実行する」だけチェックしておく。

以上です。

web作成無料ソフト、Expression Web 4

知人が自分のサイトをチョット修正するのに高価なソフトを買わせるのも可哀そうだな。
と、 無料で使えてそこそこの機能を持ったホームページ作成ソフトが無いだろうかと探していたら、Microsoftからリリースされていた。
Expression Web4Microsoft Expression Web 4 というソフトです。
一般的なホームページ作成ソフトと同様にHTMLやCSSなどを簡単に入力・編集・確認が出来ます。色々な入力支援や文法チェックと複数ブラウザでのプレビュー機能も持っています。

ブログや掲示板などでもHTMLでの記述が可能になってますが、タグを入力しなくてもデザイン画面で入力していけばHTMLが作成されるので、出来上がったHTMLをコピー&ペーストすれば、少し凝ったデザインで表示出来るようになります。

ダウンロード方法を記載しますので試してみて下さい。

  1. MicrosoftのExpressionのサイトに行きます。
    http://www.microsoft.com/expression/
  2. Expression Web4の項目に移動します。
  3. Expression Web4のダウンロードページに移動します。
  4. このままダウンロードすると英語版をダウンロードしてしまうので、日本語版のダウンロードを指定します。

ホームページ作成ソフトを使った事がある方ならば、直感で理解できるでしょう。

Micrsoft Expression Web 4 をインストールするには以下のものが必要です。

Windows8で無くなってしまったスタートメニュを再現する

Windows8の新しいスタートページで表示順序を変更しても以前から慣れ親しんだ【スタートメニュー】が有れば目的のプログラムに直ぐに辿りつける。
標準では無いので、工夫して代替を作成してみた。

先ず、以前スタートメニューが入っていた【スタートメニュー】フォルダを探してみると
C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu
が存在している。(隠しファイルなのでフォルダオプションで隠しファイルを表示出来るようにしておく。エクスプローラのリボンの表示タブでも隠しファイルにチェックを入れると表示される)

1.この【スタートメニュ】の直下の【プログラム】フォルダを右クリックして
【送る】から【デスクトップ(ショートカットを作成)】を選択。
【送る】から【デスクトップ(ショートカットを作成)】画面

2.次にデスクトップ何も表示されてない所を右クリックして、【新規作成】から【フォルダー】を選択。
デスクトップに【新しいフォルダ】が出来たら、フォルダアイコンを右クリックして【名前の変更】を選択して【スタート(任意の名前)】 に変更する。

デスクトップに新規フォルダを作る

3.今作成した【スタート】フォルダに「1.」作成した【プログラム】のショートカットを移動する。

4.タスクバーの何もない所を右クリックして【ツールバー】から【デスクトップ】を選択する。
タスクバーにデスクトップを表jさせる図

5.【タスクバー】に【デスクトップ】ボタンが表示される。
タスクバーに表示されたデスクトップボタン

6.出来た【デスクトップボタン】の【>>】をクリックすると、デスクトップの一覧の中に【スタート】フォルダがありこのフォルダにマウスを重ねると【スタート】フォルダの中身が表示される。
この【スタート】フォルダに良くしようするアプリのショートカットを保存しておけば簡単にアクセス出来る。
【プログラム -ショートカット-】フォルダ をクリックすればプログラムフォルダが開く。
スタートボタンの完成図【スタート】フォルダや【プログラム -ショートカット-】フォルダの名前の付け方を工夫すれば任意の順序で表示できる。
表示順序を変えた

Windows7のマイドキュメントを移動する

Windows7のライブラリの中のドキュメントやピクチャなどは、通常はOSの入っている【Cドライブ】に保存されている。
Windowsに不具合が生じてリカバリーなどでOSの再インストールを実行するとデータが消えてしまう。
不測の事態に備えて、他のドライブに保存先を指定しておくと最悪の事態は免れる。
(定期的なバックアップをすることをお奨めします)

1.【スタート】から【ユーザー名】をクリックする
スタートからユーザー名をクリック2.個人用フォルダーが開くので【マイドキュメント】を右クリックして【プロパティ】を選択する
マイドキュメントのプロパティを選択3.【マイドキュメントのプロパティ】が開いたら、【場所】タブの【移動】をクリック
場所タブの移動をクリック4.移動先の選択画面が開くので、移動先のフォルダをクリックし、【フォルダの選択】ボタンをクリックする
(ここではフォルダを作成出来ないので、予めフォルダを作成しておく)
移動先のフォルダを指定する5.【フォルダの選択】ボタンをクリックすると、【フォルダの移動】確認ウィンドウが開くので、【はい】を選択する。
フォルダの移動の確認が出たら、はい。をクリック
 

ブラウザのリンクを簡単に新しいタブで開く

ネットで調べ物をしている時に次々にブラウザを新規タブで開きたいと思うはずだ。
そんな時は、

  1. リンクを右クリックして
  2. 【新しいタブで開く】を選択していると思う

マウスで操作している時は然程感じないがネットブックPCなどのトラックパッドを利用していると右クリックが面倒だったりしませんか?

そんな時に便利なショートカットが有るんです。
それも超簡単な操作。

  1. 新規タブで開きたいリンクをドラッグして
  2. 新規タブに被せると
  3. リンク先が新しいタブで表示されます。


が、これではショートカットでは無いので・・・

新規タブで開きたいリンクを
【Ctrl】キーを押しながらクリックするとリンク先が新しいタブで表示されます。

ネットブックなどでは、【Ctrl】キーを押しながらパッドをタップするだけなので便利に使えます。

 イメージ図では、InternetExplorer を利用しましたが、GoogleChrome などでも利用できます

Windows7のデスクトップアイコンのサイズ変更

デスクトップのアイコンのサイズは簡単に変更出来ます。

「デスクトップのアイコンが大きすぎて気に入らない。」と、最近Windows7に移行した方から同じ様な相談を受けていますので、こちらでもご紹介をしておきます。


標準設定だと多少大きめなアイコンがデスクトップに作成されますが、サイズを変更するには

  • 【Ctrt】キーを押しながら
  • マウスのスクロールボタンを前後に動かします
  • 手前に動かせば小さく
  • 奥に動かせば大きく
  • 任意の大きさになったら【Ctrl】キーを放す

簡単に出来たでしょう。

スマホのmicroSDをパソコンで操作する

ケータイの時はパソコンにUSBケーブルで接続するとケータイの画面に
「USBケーブルが接続されました。動作を選択してください」という画面に切り替わり

  1. データ転送モード
  2. 高速転送モード
  3. 外部メモリ転送モード

【3】を選択するとパソコン側からケータイのmicroSDが自由に操作できた。

しかし、スマホにUSBケーブルでパソコンに接続しても画面上では大きな変化が現れない。

スマホでは以下の操作をしないとパソコン側でマウント出来無いようなので動画を含めて手順を作ってみた。(使用機種:au ISW!!F Arrows Z)

動画ではこんな感じ(画面が大きく見えるように横向きです)
YouTube Preview Image

【操作手順】

  1. パソコンとスマホをUSBケーブルで接続する
  2. スマホのステータスバー(画面最上部)にUSBが接続されたアイコンが表示される
  3. ステータスバーを下にスライドさせて通知情報を表示する
  4. 実行中の一覧の中から、USB接続を選択する
  5. USBストレージをONにするボタンを選択する
  6. OKを選択する
  7. 接続が実行され
  8. USBストレージを使用中と表示されれば、パソコン側で自由に操作できる
  9. 操作を終了させるには
  10. 先ず、パソコン側でハードウェアの安全な取り外しで該当の装置をアンマウント
  11. スマホ側のUSBストレージをOFFにするを選択
  12. USBケーブルを外す

という手順になる。

USB接続出来れば

  • 写真データ
  • 動画ファイル
  • 音楽ファイル

などが自由に出し入れすることが出来る。

使用出来るファイルタイプは機種によっても異なる場合があるので取扱説明書を参照。